よこての食べかた 今年は 戦う地産地消 キッチン・コロシアム
トップ > イベントの様子 > 産直・展示コーナー

産直・展示コーナー

ドーム劇場のロビーでは、産直・展示コーナーがありました。
●野菜ソムリエ加藤正哉プロデュースの産直コーナー
朝市のような雰囲気にしたい、ということで、低い台の上に産直品を並べてみました。こうすると、生産者と買う人の距離が近づき、会話が弾みます。

★青物横丁 友の会(あぐりセンターますだ内)
★さかえ農産物直売所 よってたんしぇ
★ほほえみ直売所(雄川荘内)
★横手市農業近代化ゼミナール協議会の4団体が参加してくださいました。
農業近代化ゼミナールのメンバー。

明日の日本の農業を支えてくれる若者たちです。

色とりどりのリンゴが並び、香りがとても良いのです。

今年のリンゴの出来はとても良いそうです。
最近ではあまり目にしなくなった農機具をお借りして、加藤さんがこんなディスプレイを作ってくれました。


機能美と野菜のコラボは、本当にアートですね。


奥の壁には「よこて食の宝庫マップ」があります。
こちらも、今は現役ではなくなった農機具たち。

どうやって使うのかわからないと触ってみる子どもたちと、懐かしいと眺める年配の方々。

農家の納屋で眠っている農機具たちですが、とても大事に保管されていた様子が伺えました。これは道具への感謝の気持ちなのでしょう。

●学校給食コーナー
イベント前日(10月30日)の横手市内の小中学校で実際に提供された給食メニューすべてを、実際につくって展示してくださいました。




横手市は10月から地産地消の目的もあって、米飯給食がメインとなりましたが、
ごはんはもちろん、パンや米粉パン、麺類まで、バラエティー豊かなメニューをご覧ください。
気合いの入った平鹿給食センターの給食レシピのひとつが、昨年の給食甲子園で特別賞となりました。

全国1329校の内、決勝進出12校に選ばれ、さらに堂々の実質3位なのです。

去年のイベントでも紹介しましたが、写真と表彰状がまぶしく感じました。

横手市では、市内の市立小中学校に1日約8,500食の学校給食を提供しています。
その献立を、栄養のバランスや見た目、おいしさなどに配慮して毎日考案しているのが7つの学校給食センターに勤務する8人の学校栄養士さんです。

給食コーナーで説明をしてくださった3人の若手栄養士の先生方と、右は「食のアカデミー」の菅先生。


●展示コーナー
展示コーナーでは、食に関連する理科研究の作品展示や、イベントポスター競作に協力いただいた作品の展示などがありました。

食に関わる理科研究の3点は、舞台で表彰されました。
ポスター競作の展示です。カラフルで楽しいですね。
戦う野菜キャラクターは、大きなポスターになって、ホール入り口でお客様を出迎えました。


この他にも生ジュース販売コーナー、りんご飾り切り教室、バルーンアートなどの体験コーナーもありました。


inserted by FC2 system